2011年12月09日

アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜7枠15番

騎手よりもコース実績、距離実績に要注意

 短距離戟は長距離戦と違い、ペース配分や騎手のテクニックにかかわる比重が
比較的小さくてすみます。
あまり上手でない騎手でも先行させて4コーナーで仕掛ければ、馬はある程度の競馬ができます。

 要は好スタートを切れるのも、距離が足りるも足りないも比重の大きさは騎手よりも
馬にかかってくる部分が大きいわけです。
スタートの上手い下手は、騎手によって変わつてくるのかといえばそうでもないと思います。

 だとしたらなにが大切か。

過去の成績を重視するのはいうまでもないですが、アサヒ競馬が重視するのは
「コース適性」と「距離適性」 です。

 人間でも100メートルの選手がいて200メートルの選手がいるように、
それぞれ一番得意な距離があります。
また100メートルもこなすが、200メートルも走れるという人もいると思います。

馬も同じですよね。

ある程度の力があれば1200メートルも1400メートルも大丈夫。
ただし1600メートルとなると……。
もう1つのコース適性でいえば、右回りの競馬場はあまり走らないけど左回りは走るとか。
なぜか中山競馬場では走らないけど東京競馬場では走るという馬がたくさんいると思います。

 例であげれば、一番わかりやすいのがマツリダゴッホ。
いうまでもありませんよね。07年の有馬記念を制したにもかかわらず、
08年の天白窟貝(春) には見向きもせず海外の競馬場へ行ったのですから。

「中山競馬場に似た競馬場しか走らない」と
厩舎関係者もわかっていたマツリダゴッホはわかりやすい一例ですが、
人それぞれ得意なものがあるように、馬にも得意な競馬場、苦手な競馬場は存在するはずです。


 大跳びの馬は広い競馬場が合うでしょうし、小回りの競馬場ではほかの馬が気にする
分、器用な馬は有利になったりするのではないでしょうか。
マツリダゴッホは長距離ですが、短距離はとくにコース適性や距離適性をアサヒ競馬は重視しています




アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
アサヒ競馬スポーツ〜風になる
アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜7枠14番

いまはもうだいぶ重要性を疑問視されるようになってきましたが、
長距離戟は面白いレースであると思います。
むかしの天皇賞などの勝ち馬を見るとすごい馬ばかり。

 でも近年は天皇賞(春) には出走せずに海外へ出向いたり春は全休したり、
出走しても宝塚記念だけなどといったケースが増えました。
むかしは強い馬が「天皇賞(春)を勝つために!」という気迫が
伝わってくるようなすばらしい勝負が見られたものなのに。

 ここ数年の天皇賞(春)が荒れているということがその時代の流れを表しているので
はないでしょうか。
むかしは、天皇賞(春)は固いレースというイメージがあったはずです。

 しかし、いまは2000メートルを勝てる馬が評価される時代。
アドマイヤムーンなどはいい例であり、天皇賞(春)や有馬記念など見向きもしませんでした。
菊花賞も出走していません。

血統的なものがあるとは思いますが、むかしは3歳馬の秋の目標は菊花賞というのが主流だったはず。

 近年の天皇賞が荒れる要員として、超一流馬が出走しなくなったことがありますが、
2000メートルを勝てる馬を第一に血統を配合していることが荒れている原因ではないでしょうか。

 有力馬の血統が2000メートル用につくられたものであり、
ステイヤー血統ではないので人気になる馬が凡走する。
展開で有利になった馬や長距離の素質をもった馬が台頭したり、
前に行った馬がそのまま残ったりして荒れているのだと思います。

 そんな長距離レースをいまの時代に狙うときは距離経験です。
とくにいえるのは菊花賞でしょう。

 3歳馬で3000メートルを経験できる心−スというのは1レースか2レースくらいしか
ないのではないでしょうか。
いや、3000メートル以上というレースは菊花賞までに1レースもないかもしれません。

 そんな馬たちがGIで初めて走る3000メートルですから、予想をしようにもその
走る馬も走ってみなくてはわからないという状況です。

アサヒ競馬が菊花賞や長距離のレースを買う場合は、必ず長距離レースの経験を考慮します。
少なくとも2200メートル以上の経験は必須です。
1600万下戟でも2600メ一 トルくらいの経験馬が出走してきますので、
そういう馬は要注意です。07年でいえばホクトス〜タン。
このような馬が穴をあける可能性がたくさんあります。
ホクトスルタンは横山典弘騎手が乗りましたので
いつも以上に人気になってしまい力を出し切れませんでしたが、
アサヒ競馬の菊花賞の穴候補はユーシンダードマン。

残念ながら4着でしたが、ダンスインザダークの血統や、2400メートルという長めの距離を
中心に大舞台ではめっぽう強い角田騎手。
こういう狙いでエーシンダードマンを買いました。

 距離経験は2歳、3歳春などの若い産駒にもいえることで、
最初のころは短距離の番組しかありませんが、クラシックは2400メートルですし、
そこまでの過程で距離経験があるとないとではだいぶ違います。
したがって、長距離レースを買う際は次の3つ。

こんな感じの項目を重視してみてはいかがでしょうか。




アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
アサヒ競馬スポーツ〜風になる
アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜7枠13番

前にもちょつと触れましたが、
「人気馬ばかり買っていては勝てない」というのはギャンブルの基本事項と
いってもいいのではないでしょうか。

 アサヒ競馬は人気を疑うことで成績を上げてきました。
人気馬で決まることは少なくありません。
ただし、人気になっている馬がこないからこそギャンブルが成り立ちます。

人気は人がつくり上げたもの。人と違う考えをもてば穴も取れます。

 ただし、人気馬を切ってばかりではダメです。
根本は多くの人が実力を持ち合わせていると思うから人気が上がるわけで、
むやみに穴を狙っていてはおカネがなくなってしまうだけです。

 コースの特性、ハンデ、馬場状態などいろいろなものを考慮した上で人気馬を買うの
か、穴馬を買うのかを決めていきましょう。
 とくに素人の方、資金が少ないときは人気馬を買ってしまう傾向にあります。
それは安心を買っているだけで、本当にくると思う馬を買ってはいないのではないでしょう


 アサヒ競馬は自分の欠点をわかっているつもりです。
資金があればその分、馬券を買う金額も点数も増えてしまうことです。
点数が増えれば的中率が上がるはずなのですが、どうも 的中率が上がっているようには思えません。
 
馬券を買う際に考えるのは軸馬。軸馬からの点数を増やしたところで、
軸馬がこなければ的中はできません。

 的中できないということは投次貝した分、負けが増える。
結果、的中率は変わらないのに投資が増えるため、資金が減ってしまいます。
09年に100万円の利益を達成できなかった理由はここにあると考えています。

 みなさんも自分の欠点がわかるでしょうか? それを解決したら馬券は取れますか?
それを解決したら利益が出るようになりますか? 
そんな自分の欠点を見つけるのもまた馬券や資金には有効な戟術かもしれません。




アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
アサヒ競馬スポーツ〜風になる
アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜6枠12番

「なにをいってるんだこいつ!」なんていう声が聞こえてきそうですが、
馬券予想に正解があれば限りなく100%に近い確率で的中させることができます。
そんな馬券術はこの世に存在しませんよね。 
           .
・1枠が5回以上出現しなかったら、次のレースから1枠を買い続ければ利益が出る

・安藤勝己騎手が3番に入ったら買う

・3着が2回続いたら単勝を買う

・ある騎手が好きなのでこの騎手を買い続ける

 これは適当に書いた例ですが、このようになんでもいいと思います。
いつかは必ず的中できると思います。
的中できるということは、的中したときはそのレースに対して
その戟術は正解だったということ、ただしその方法で最終的に利益が出せるかどうかは別です。

最終的に利益を多く出せる馬券術が、一番正解に近い馬券術といえるかもしれません。

 ギャンブルは仕事ではないというのは、要は生活できるほど儲ける必要はないということです。
実際に競馬で生活している方もいると思うので断っておきますが、
そのような方は完全に「プロ」ですので、そのような方は読み飛ばしてくださいね。

 ギャンブルは遊びです。負けないために真剣にやる必要は大いにありますが、
人生や生活を賭けてやるものでは絶対にありません。

「この馬絶対くるのに5倍もつくでぇ100万賭けたら5倍つくから500万や」
こういう考えはやめましょう。

「明日あの馬出走するんだ。来週が給料日だし、おカネがないからちょっと無利息で借りてこよう」



アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
アサヒ競馬スポーツ〜風になる
アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜6枠11番

アサヒ競馬が尊敬する馬券師の本を読んで以来、「記憶に残す」ことを実践しています。
それはレースを何度も見直すという作業です。

 強かった馬、人気がないのに好走した馬、競馬をしていない馬、邪魔をされていた馬、
最後にすごい脚で追い込んできたけど着順の悪かった馬など、いろいろといます。それ
をすべて覚えておいたり、競馬ソフトにメモしておきます。

 競馬ソフトに入力しておくことで、出走してくればその馬のデータは一目瞭然。これ
らの情報はアサヒ競馬の財産です。

 競馬新聞にそのようなことは苦いていません。
つまり、ほとんどの人が知らない情報を自分はもっているのです。
それだけでも有利ですよね。

 自分が過去に次走狙いたいようなメモを残しており、次に出てきたときにその馬が10
番人気だったら鼻息が荒くなると思いませんか? 
必ずくるというわけではありませんが、そんな馬が好走したときはもう大興奮です。

 アサヒ競馬は仝レースを見ることができるグリーンチャンネルに加入していますが、
それを録画して全部を見るということまではしていません。
土・日曜に民放で放映されるレースを録画しておいてそれを見ているだけです。
それだけでもそんな馬を発見できます。

 アサヒ競馬もサラリーマンで、子持ちです。すべてのレースを見ている時間はないし、
続けられる気力もありません。
でもメインレースだけ見るのであれば、そんなに時間はかかりませんし、
いまも続けられています。

 実際そんな馬を見つけておいしい思いもしていますし、
これからも続けていくつもりでいます。




アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
アサヒ競馬スポーツ〜風になる
アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜5枠10番

アサヒ競馬はなにも特別なことはしていません。
でも成績は悪くありません。

特別なことはなにもしていませんが、馬券好きな人と比べると、
きっと買うレース数が圧倒的に少ないと思います。

 なぜ買わないのか。アサヒ競馬は馬券下手だからです。
競馬は手を出せば出すほど負けます。
なぜか? 知らない方もいるかと思いますので書きますが、競馬は控除率25% 
(買えば買うほど負けるようにできている) からです。

 100円馬券を買った時点で、すでにその馬券は75%の価値しかありません。
25%はすでに1RA (日本中央競馬会) に控除されているからです。

 要は100円で馬券を買い続けた場合、限りなく75%に近づいていくということ。
つまり、買うレースが多ければ多いほど75%に近づいていくということがいえます。
「競馬は買えば買うほどソンをする」というふうにできているのです。

 よってアサヒ競馬は「比較的データがあり、記憶に残っていて、
情報の多い重賞レース」を中心に買っています。
情報が多いほど当てやすいし、重賞は各馬の先々の目標が読みやすいという利点があります。

 アサヒ競馬が勝てるようになった理由は「結婚」です。
なぜでしょうか? それは小遣い制になったからです。

 結婚する前は生活費を除いたすべてのおカネが自由に使えました。
いくら使おうが、負けようが誰も文句はいわないし、苦しくもなりません。
若いわりに稼ぎのあったアサヒ競馬は競馬が終わったらパチスロへ行って次の日はまた競馬。
そんな生活が中心でした。
 
しかし、結婚するとそんな生活なんてできません。
財布は嫁さんが握っており(アサヒ競馬が握ると使ってしまうので自らそうしています)、
結婚してから1カ月の小遣いはずっと3万円です。

 そのなかから、たばこやらお酒やらの値段をやりくりし、
競馬の資金をつくり出さなければなりません。
ということは、いい加減に馬券を買うことができないのです。

 1戦1戦が自分の財布にかかわる大ギャンブル。
結婚をしたことで1000円でも100円でもムダにはできない状況になったのです。
そういう状況になったことが真剣に競馬に立ち向かうきっかけとなりました。

 それまで新聞の記事を疑うこともせずに買っていた馬券が、
「信じられるものは自分だ。得できない馬券は買えない」という状況になり、
真剣にレースを考えるようになりました。
これがアサヒ競馬の馬券成績が向上したきっかけです。

 既婚者の方も未婚の方も、自らを追い込んで使える金額を絞って挑戦してみてはいか
がでしょうか? 
1人ではできないかもしれないという人は、友だちと「競馬という資金運用ツール」を
ゲーム感覚でやってみると面白いかもしれませんよ。




アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
アサヒ競馬スポーツ〜風になる
アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜5枠9番

A配当に左右されない

 これは@の「新聞の印に惑わされない」に似たような話ですが、@は新聞の印であっ
てAはオッズのことです。

 オッズが低ければ低いほどみんなが買っているということですから、人気の集中する
馬券を買ってしまうのはある意味で仕方のないことかもしれません。
けれどもオッズをつくり出すのは馬券を買う人。
その大半の人が競馬新聞を見て馬券を買っているのです。

 競馬新聞に印が集中する↓皆が買う↓オッズが下がる↓心配性な日本人はみんなE貝う
↓オッズがまた下がる。こうして過剰人気のオッズが生まれてくるのでしょう。それを
信じていては穴は取れません。

B着順=実力ではない

 競馬はギャンブルです。馬の調子もあれば騎手の騎乗ミスがあったり、あらゆる要素
がそれぞれのレースにあります。力を出せなかった馬もいるでしょう。また調子を上げ
るために叩き台としてレースを使う馬もいるでしょう。

 そんななか、馬柱が「1着↓1着↓1着」となっているからといって、次も1着とは
限りません。もしかしたら体調が悪くなってしまっているかもしれません。逆に「10着
↓10着↓10着」ときた馬は、じつは使い込んで調子を上げていく馬かもしれません。

なにがいいたいか。

着順が悪いからダメというわけではないということ。
厩舎の方は賞金を稼いでご飯を食べているということを忘れてはなりません。

 また、@〜B以外のことなのですが、知っておいていただきたいことがあります。
競馬新聞で予想している方たちは「枠順をほとんど考慮していない」ということです。
 
細かい時間はわかりませんが、土曜日のレースの枠順が発表されるのは前日の金曜日
の午前9時〜10時くらい。しかし競馬新聞が都心の駅などで売り出されるのは正午近くです。

ということは、枠順を考慮してコメントや印を書いているヒマは間違いなくありません。

土曜日の出走馬が確定する木曜日の仕丁後3時半くらいから、確定出走馬の一覧を見
て予想をしているものと思われます。

 枠順が考慮されてコメントや予想がされているのは日曜日に行われる重賞レースだけ
と思っていただいていいと思います。ただしGIなどは木曜日に枠順が発表されるので、
夕6土曜日の新聞にも枠順のがされていると思います。

 レースを予想するうえで枠順は非常に大事です。

競馬場のコース特性、馬場などにより枠順での有利不利は大きくあるからです。

 それを考慮されたコメントであれば信用度は高いのですが、そうでなければ信頼度は
その程度だと思ったほうがいいと思います。あえてコメントを利用する人は、自分で枠
順の有利不利を考えて予想することをお勧めします。


アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
アサヒ競馬スポーツ〜風になる
アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜4枠8番

アサヒ競馬は馬券の買い目を出すのは上手いと思っていません。
上手なのであれば複勝コロガシだって当てられるだろうし、
馬連、馬単、3連複ですでに大きな結果を出していたはずです。

ではなにがそうさせたのか。
じつはすごく簡単なことなのです。

この考えを身につけただけで、かなり馬券力が向上しました。

要は次の3つです。それぞれについて詳しく書いて見たいと思います。

@新聞の印に惑わされない

 これはみなさんも納得できるものがあるのではないでしょうか。新聞の馬柱の上にあ
る予想欄に◎や○がたくさんついているだけで、とくに素人の方は、その馬がこのレー
スでは一番強いとか1着にくるとか思ってしまうでしょう。

 それはそれで間違いではないのかもしれません。厩舎や騎手と直接会話ができる人た
ちがつけた印ですから、その馬本来の実力がうかがえます。
 ただ、新聞にはあまり悪いことが書けないのではないでしょうか。厩舎の方は馬主へ
の建前上、馬の調子が悪くても取材に来た記者に「いやあ、調子が悪くてまいったよ」
なんて正直にいえないものです。
 
ある馬主は日本ダービーを目標に、高い値段で買った馬をその厩舎に預けてきました。
しかし、厩舎関係者はその馬がレース直前になって調子が思わしくないことがわかりました。
 そんなことを知らない馬主は、一番の目標である日本ダービーに出走できるとあって
楽しみで仕方ありません。

ここで「じつは調子が悪いのです」なんてコメントしたら、
これからもう預けてくれ  なくなるだろうという心配があります。
馬主にしてみれば、
「一番の目標でやってきたレ−スなんだぞ、調教のプロなのになにやってるんだ!」
となるでしょう。

 こういうシガラミが競馬関係者の中に数多くあると思われます。
騎手の間でもそうだと思います。
なので、新聞の中身をすべて鵜呑みにしていては、どうしても人気馬ばかりの
馬券を買うハメになってしまうわけです。

 運よく馬券は当たったとしても配当は低いものばかりでしょうから、回収率から考え
れば決してプラスにはなりません



アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
アサヒ競馬スポーツ〜風になる
アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜4枠7番

惜しかったこともあります。それは07年の日本ダービー。

アサヒ競馬が中心祝したのが、Nフサイチホウオー。
皐丁月賞で名只けたときからこれは決めていました。
そして次にPヴィクトリー、穴のKサンツェッペリン。
これらからヒモは手広く凹員おうと思いました。
 
ところが、土曜の夜から日曜の朝にかけてなんとダービーの夢を見たのです。
その夢はこのような内容でした。
「なにかが断トツで勝った。だがなにが買ったのかがわからない。2着は? んロ ビン
ク? ピンクの服にピンクの帽子? そんなの買ってないよお〜〓‥」

 楽しみにしていたダービーの馬券が外れた夢だったので、鮮明に覚えています。
その朝の日曜日
「ダービーでピンクの勝負服なんて出走しないよなあ〜」と少し
不安になりましたが、車のメンテナンスの予定があったので車屋さんへ。


待ち時間にボーッ新聞を見ていると、勝負服の絵が描いてありました。
 そこには8枠(ピンク帽子) にピンクの勝負服が……。
そう、Oアサクサキングスです。
「ま、まさか」
 本当にあるわけないと思いながらも、一応資金はあったので、そのピンクの勝負服O
アサクサキングスからNフサイチホウオーとPヴィクトリーを相手に、2頭軸マルチを
購入。相手候補はBウオッカもMアドマイヤオーラも入れていました。

 で、レース結果はご存知の通りです(泣)。相当なショックでした。あのショックは忘
れられません。なにしろ、3連単が215万馬券もつきましたから……。
 
どうしてBウオッカやMアドマイヤオーラを軽視したのか。
どちらかを相手に買っていれば200万円を超える馬券が的中できたのです。
悔やんでも悔やみきれない敗戟でした。
これがアサヒ競馬の一番惜しかった「全馬券」 のエピソード。

 レースが終わった後は本当に力が抜けました。だから、このレースだけはもう絶村忘
れません! みなさんもそんな体験はありませんか? そんなチャンスがあったら絶村
逃さないようにしてくださいね。


アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
アサヒ競馬スポーツ〜風になる
アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜3枠6番

09年の目標は、「プラス10円」
要は絶対にプラスで終わること! これが目標です。

100万円なんて大それた目標、達成できるかもわからない目標はあくまで次の目標。
それ以前に負けてしまったらなんの意味もないですからね。

 ただ、プラス収支の次の目標として、07年にわずかに届かなかった金額である
100万円を目指してがんばる決意をしています。

週末のアサヒ競馬の買い日も公開していますので、
馬券の参考にしてください。
最終日標怯み鮎なが犠飛る『意馬券虹
等から3連単を始めましたが、まだ「全馬券」というものを取ったことがありませ
ん。その前に「全馬券」というのはなに?という方のために少し説明しておきましょう

電話投票(PA↑)で馬券を買っていると、万馬券を取った場合に「万馬券的中証明
書」というのがPA↑画面で表示することができます。

万馬券を取ると通常の1桁だと背景が緑色なのですが、10万馬券以上だと背景の色が
銀色になり、100万馬券になると金色になるらしいのです。これでおわかりですね。
100万馬券のことを「全馬券」というのです。



アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
アサヒ競馬スポーツ〜風になる
アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜3枠5番

アサヒ競馬のいまの目標は「住宅ローンの返済」です。
競馬で住宅ローンを返済できたら、どんなにラクになるでしょうか。
決して不可能ではなく、現実味のある目標であり、家族も納得してくれる目標だと思いませんか?

 そのためには、もちろん負けないことが一番大事です。
目標を立てるのはとっても大事なこと。
そして目標を達成するには、成績表をつけること。実際に負けたか、
負けていないかなんて成績表をきっちりつけていないとわからないものです。

 きっと勝っているだろうなんていうのは怪しいものです。きちんと成績表をつけるこ
とで目標が見えてくるし、目標を立てる際にも自分にあった目標を立てることができます。

 10年がマイナス10万円だった人は、11年は1円でもプラスにするのが目標でいいと思
います。それが達成できたのであれば、次の年の目標はプラス10万円。そんな達成でき
る目標を立てることはとっても大事なこと。

 これもお勧めする馬券戟略の1つです。幸いいまはパソコンが普及しているので、成
績を毎週必ずパソコンでつけて、これを実行するのが一番よいのではないでしょうか。

 09年、100万円超えを達成した後、アサヒ競馬はブログを書くことを決意します。その後の
ブログの成績は……。思ったようにはならず、07年は最終的に100万円の利益を割っ
てしまいました。

 プレッシャーがあったのかなかったのかはわかりませんが、最終的にはプラス92万円
という成績。
 でも、学んだものがそれなりにあったので結果には納得しています。11年の目標は、
「100万円!」といいたいところですが、そうではありません。




アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
アサヒ競馬スポーツ〜風になる
アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜2枠4番

考えることで、そのときの予想結果や
「どんなときに走っている」 
「どんなときに負けている」などが最初はわからなくても徐々に見えてくると思います。
少なくとも記憶残るようになるはずです。

 またそれが結果に結びついたときは、それはそれは気持ちのいいもの。ぜひとも自分
の考えをもって馬券戦略を立ててみることをお勧めします。

「競馬で100万円儲けた!」なんてあまり仲のよくない人にアサヒ競馬はいいたいとは思いませ
ん。世間的にギャンブルのイメージはよくなく、ギャンブル=家庭崩壊などのような悪
いイメージがあるからです。

 それは否定しません。ギャンブルをやらない人はそういうふうにとらえる方がほとん
どだと思います。
でもアサヒ競馬は競馬を続けたい。
酒をやめてもなにをやめても競馬はやめられません(嫁さん、すみません)。

だったら家族は大事にしなければなりません。家族に迷惑をかけてはいけません。他人に
迷戎若かけてはなりません。その一線だけは必ず守ります。アサヒ競馬のなかでの約束事です。

それが守れない人はギヤンブ〜に手を出すことはやめたほうがいいと思います。
絶対に借金をしてまで競馬をしてはなりません。
楽しいことに厳しいことはつきもの。楽しいだけのものはこの世にありません。
必ずなにかを背負って楽しむものです。
なんて偉そうなことを書いてきましたが、こうやって書くことで自分に再度いい
聞かせているわけです(笑)。

アサヒ競馬は、仕事以外にとくになにかをしていeのではなく、普通に生活して週末には競馬
をしてという生活をしているだけです。
ただし、アサヒ競馬は大きい配当を取ったときは必ず家族に恩返しをしています。週末に気持
ちよく競馬をさせていただいているお礼です。

これで家族円満とまではいいませんが、
日頃の感謝の気持ちを忘れずに競馬を楽しみましょう。


アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
アサヒ競馬スポーツ〜風になる
アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜2枠3番

たしかに調教師やらほかの関係者と話ができれば的中率は上がるかもしれません。で
もよく考えてみましょう。

関係者でも勝てるかどうかわからないし、確実に負けるのに出走してくるはずがない。
本当に勝ちたい関係者は外部にそんな情報を出したらレースで不利だし、一発上位を狙
うならなおさらそんな情報は流さないでしょう。
 ですからアサヒ競馬は、そのような情報もあるとは思いますが、知り合いに関係者はいないし、
信じていません。

 よい例は、08年のクラシックの主役となるはずだったサダムイダテン。安藤勝己騎手
が惚れ込み、中村均調教師の発言も凄い勢いがありました。

「ダービー馬になれる」
「50年に1頭」
「一生で1度、出会えるか出会えないかという馬」

この強気の言葉が影響したのでしょう。
共同通信杯でサダムイダテンは単勝1・5倍の1番人気になったものの馬群に沈み、
次こそはと出走したスプリングステークスは伸びる気配すらなく12着大敗。

 つまり、関係者といわれる馬主、馬を育てている人、調教している人でも「勝てる、
勝てないという情報なんてつかめない」ということの象徴が、このサダムイダテンだっ
たのではないでしょうか。

ちなみに中村均調教師は関西調教師会の会長であり、07年全国リーディング10位。
そんなプロでも正しく馬を見ることができなかったのです。
そういうことなのです。

そしてアサヒ競馬はといえば、競馬大好き、『東スポ』大好きのイチ馬券ファン。
入ってくる情報といえば『東スポ』紙面の情報やインターネットを通じた情報やらなんやら……。

だから、そんな関係者の言葉を信じていても的中は得られないと気づきました。
新聞にあるコメントなどは読者向けに体裁の整えられた情報ですから。
そのコメントが当たつているのであれば、その新聞を信じて買っていればみんな当たります。

新聞の印やコメントが人気をつくり1げるのですが、人気の馬を買っていたって儲か
りませんよね。人気が人気通りの結果にな賢いからギヤンブ〜が成り立つわけです。
新聞を読んでそれを信じて買っていれば、人気通りの買い目にしかならず、必ず負けて
しまいます。

ではどうするのか?
 自分で考えるしかないのです。新聞などのコメントは参考程度にし、後は自分で考え
ることです。新聞の記者のコメントで書いてないことを、馬柱から読み取るのがいいと思います。



アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
アサヒ競馬スポーツ〜風になる
アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜1枠2番

それを3回連続で当てるむずかしさをかなり痛感しました。
1回当たっても次は外れです。
1回目から外れることが多く、資金もなくなり競馬をできない週もかなりありました。
 
それをアサヒ競馬と07年3月までの3カ月実施していましたが、結局はお互い別の馬券へ走っ
てしまい、そのときに買い始めたのが「複勝」馬券とは全く正反対のハイリスク・ハイリターンの「3連単」馬券でした。

3連単が出た当初は、先述したように「馬単でもあんまり当たらないのに、3連単な
んて当たるわけねーだろ!」という考えだったので手を出さず、3月31日の土曜日まで
は複勝を買っていました。

が、4月1日ということでキリもよく、その日から3連単の購入を開始しようと決意
したのが、アサヒ競馬の3連単人生の始まりです。

その日は阪神競馬場で産経大阪杯があり、メイショウサムソンが出走。これはメイシ
ョウサムソンを買うしかないということで、シャドウゲイトとの絡みの3連単を24占…×
200円分買いました。それが見事に的中! 配当は1万3080円でした。
3連単を始めた初めての週で大きなプラスを得ることができたのです。次週からの資
金ができて、それを元手に資金がなくなるまでやってみようと3連単を買い続けること
になったのが、3連単に集中し始めたきっかけです。

 そうして買い始めた3連単馬券。その後、「桜花賞」「皐月賞」などGIが続きますが、
全く当たりませんでした。

 ある程度結果が出るまではその方法の良しあしはわからないという持論のもと、3連
単を買い続けていった天白窟貝前日の青葉瀞了・ここで事件が起きたのです。それから07
年8月までの5カ月間で113万円の利益まで上りつめました。

 なにが変わったのか? なにを変えればいいのか? みなさんの馬券戟略のヒントに
なっていただければ幸いです。
 インターネットや新聞で「関係者からの情報で馬券を取る!」という言葉をよく目に
します。



アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
アサヒ競馬スポーツ〜風になる
アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜1枠1番

2007年の4月から8月までの5カ月間で「113万円の利益」を出しました。
これは紛れもない事実です。信じてもらえるように細かく書くと、07年8月26日の札幌10
レースが終了した時点で113万510円の利益でした。

で、その勝ったおカネはなにに使ったのか? 新築したばかりなので住宅ローンの
返済や家の倉庫や備品などを購入させていただきました。
まあ、それまで1RAに貯金したものを返してもらっただけですが (笑)。

 06年まで、アサヒ競馬は3連単馬券ではなく、主に馬単を買っていました。
馬単馬券でも結構な利益を出していましたが、3連単馬券の発売以降、馬単の配当に
なにか物足りなさを感じていたのが本音です。

 しかし、3連単に踏み切る勇気はありませんでした。
馬単でも点数は20点、30点で購入しているのに的中率はそれほど高くない。
それなのに3連単を買うなんて「どれくらい点数が増えてしまうのだろう」と
いう懸念があったためです。

 そんなことから3連単馬券に手をつけられなかったのですが、07年の年初めにアサヒ競馬貴と
約束をしました。

「l日1レース限定、最低3回以上連続して複勝コロガシをするという複勝コロガシゲー
ムです。その買い目を事前に公開して馬券の収支を競う」

 複勝だから楽勝だと思うでしょう。これが、実際にやってみるとなかなかむずかしい。

3着以内に入ればいいんだから簡単ジャン……なはずですが、これが簡単じゃない!
 なにが簡単じゃなくさせるのかというと、「配当」。1カ月に3万円という限られた小
遣いのなかで、5000円や1万円を1・」〜1・2倍とかの馬に賭けられますか?

 こういうオッズの馬には賭けるリスクのほうが高く、少なくとも1・4倍以上ではな
いとリスクの方が高くて賭ける勇気が出ません。でも、一方の配当が高い馬というのは 2回当たっても次は絶対外れやはりそういう馬で、確実さがないのです。




アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
アサヒ競馬スポーツ〜風になる
アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。