2011年12月09日

アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜5枠9番

A配当に左右されない

 これは@の「新聞の印に惑わされない」に似たような話ですが、@は新聞の印であっ
てAはオッズのことです。

 オッズが低ければ低いほどみんなが買っているということですから、人気の集中する
馬券を買ってしまうのはある意味で仕方のないことかもしれません。
けれどもオッズをつくり出すのは馬券を買う人。
その大半の人が競馬新聞を見て馬券を買っているのです。

 競馬新聞に印が集中する↓皆が買う↓オッズが下がる↓心配性な日本人はみんなE貝う
↓オッズがまた下がる。こうして過剰人気のオッズが生まれてくるのでしょう。それを
信じていては穴は取れません。

B着順=実力ではない

 競馬はギャンブルです。馬の調子もあれば騎手の騎乗ミスがあったり、あらゆる要素
がそれぞれのレースにあります。力を出せなかった馬もいるでしょう。また調子を上げ
るために叩き台としてレースを使う馬もいるでしょう。

 そんななか、馬柱が「1着↓1着↓1着」となっているからといって、次も1着とは
限りません。もしかしたら体調が悪くなってしまっているかもしれません。逆に「10着
↓10着↓10着」ときた馬は、じつは使い込んで調子を上げていく馬かもしれません。

なにがいいたいか。

着順が悪いからダメというわけではないということ。
厩舎の方は賞金を稼いでご飯を食べているということを忘れてはなりません。

 また、@〜B以外のことなのですが、知っておいていただきたいことがあります。
競馬新聞で予想している方たちは「枠順をほとんど考慮していない」ということです。
 
細かい時間はわかりませんが、土曜日のレースの枠順が発表されるのは前日の金曜日
の午前9時〜10時くらい。しかし競馬新聞が都心の駅などで売り出されるのは正午近くです。

ということは、枠順を考慮してコメントや印を書いているヒマは間違いなくありません。

土曜日の出走馬が確定する木曜日の仕丁後3時半くらいから、確定出走馬の一覧を見
て予想をしているものと思われます。

 枠順が考慮されてコメントや予想がされているのは日曜日に行われる重賞レースだけ
と思っていただいていいと思います。ただしGIなどは木曜日に枠順が発表されるので、
夕6土曜日の新聞にも枠順のがされていると思います。

 レースを予想するうえで枠順は非常に大事です。

競馬場のコース特性、馬場などにより枠順での有利不利は大きくあるからです。

 それを考慮されたコメントであれば信用度は高いのですが、そうでなければ信頼度は
その程度だと思ったほうがいいと思います。あえてコメントを利用する人は、自分で枠
順の有利不利を考えて予想することをお勧めします。


アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
アサヒ競馬スポーツ〜風になる
アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜4枠8番

アサヒ競馬は馬券の買い目を出すのは上手いと思っていません。
上手なのであれば複勝コロガシだって当てられるだろうし、
馬連、馬単、3連複ですでに大きな結果を出していたはずです。

ではなにがそうさせたのか。
じつはすごく簡単なことなのです。

この考えを身につけただけで、かなり馬券力が向上しました。

要は次の3つです。それぞれについて詳しく書いて見たいと思います。

@新聞の印に惑わされない

 これはみなさんも納得できるものがあるのではないでしょうか。新聞の馬柱の上にあ
る予想欄に◎や○がたくさんついているだけで、とくに素人の方は、その馬がこのレー
スでは一番強いとか1着にくるとか思ってしまうでしょう。

 それはそれで間違いではないのかもしれません。厩舎や騎手と直接会話ができる人た
ちがつけた印ですから、その馬本来の実力がうかがえます。
 ただ、新聞にはあまり悪いことが書けないのではないでしょうか。厩舎の方は馬主へ
の建前上、馬の調子が悪くても取材に来た記者に「いやあ、調子が悪くてまいったよ」
なんて正直にいえないものです。
 
ある馬主は日本ダービーを目標に、高い値段で買った馬をその厩舎に預けてきました。
しかし、厩舎関係者はその馬がレース直前になって調子が思わしくないことがわかりました。
 そんなことを知らない馬主は、一番の目標である日本ダービーに出走できるとあって
楽しみで仕方ありません。

ここで「じつは調子が悪いのです」なんてコメントしたら、
これからもう預けてくれ  なくなるだろうという心配があります。
馬主にしてみれば、
「一番の目標でやってきたレ−スなんだぞ、調教のプロなのになにやってるんだ!」
となるでしょう。

 こういうシガラミが競馬関係者の中に数多くあると思われます。
騎手の間でもそうだと思います。
なので、新聞の中身をすべて鵜呑みにしていては、どうしても人気馬ばかりの
馬券を買うハメになってしまうわけです。

 運よく馬券は当たったとしても配当は低いものばかりでしょうから、回収率から考え
れば決してプラスにはなりません



アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
アサヒ競馬スポーツ〜風になる
アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜4枠7番

惜しかったこともあります。それは07年の日本ダービー。

アサヒ競馬が中心祝したのが、Nフサイチホウオー。
皐丁月賞で名只けたときからこれは決めていました。
そして次にPヴィクトリー、穴のKサンツェッペリン。
これらからヒモは手広く凹員おうと思いました。
 
ところが、土曜の夜から日曜の朝にかけてなんとダービーの夢を見たのです。
その夢はこのような内容でした。
「なにかが断トツで勝った。だがなにが買ったのかがわからない。2着は? んロ ビン
ク? ピンクの服にピンクの帽子? そんなの買ってないよお〜〓‥」

 楽しみにしていたダービーの馬券が外れた夢だったので、鮮明に覚えています。
その朝の日曜日
「ダービーでピンクの勝負服なんて出走しないよなあ〜」と少し
不安になりましたが、車のメンテナンスの予定があったので車屋さんへ。


待ち時間にボーッ新聞を見ていると、勝負服の絵が描いてありました。
 そこには8枠(ピンク帽子) にピンクの勝負服が……。
そう、Oアサクサキングスです。
「ま、まさか」
 本当にあるわけないと思いながらも、一応資金はあったので、そのピンクの勝負服O
アサクサキングスからNフサイチホウオーとPヴィクトリーを相手に、2頭軸マルチを
購入。相手候補はBウオッカもMアドマイヤオーラも入れていました。

 で、レース結果はご存知の通りです(泣)。相当なショックでした。あのショックは忘
れられません。なにしろ、3連単が215万馬券もつきましたから……。
 
どうしてBウオッカやMアドマイヤオーラを軽視したのか。
どちらかを相手に買っていれば200万円を超える馬券が的中できたのです。
悔やんでも悔やみきれない敗戟でした。
これがアサヒ競馬の一番惜しかった「全馬券」 のエピソード。

 レースが終わった後は本当に力が抜けました。だから、このレースだけはもう絶村忘
れません! みなさんもそんな体験はありませんか? そんなチャンスがあったら絶村
逃さないようにしてくださいね。


アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
アサヒ競馬スポーツ〜風になる
アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。